税理士がどんなことをしてくれるのかを書いていきます。

まず代表的な仕事が税務申告や税務相談です。
このような税に関する仕事は税理士のみに許されている業務になります。
行政書士や社労士、会計センターなどが行うことはできません。資格を持っていない会社の社員が行うこともできませんので必ず税理士にお願いしましょう。税務署に行くと「ニセ税理士に注意」と書かれた張り紙を見ることがあります。

節税対策や税務調査にも対応してくれます。
しかし、これに関しては税理士によって考え方が違っていることがあります。
頭の固い税理士さんだと会社の味方ではなく税務署に味方することもあります。
もちろん、悪質な脱税は会社にとってためになりません。将来のことまで見通して対策してくれるのがいい税理士事務所のしごとだと思います。

経理指導や記帳代行も税理士の仕事です。
経理指導というのはファイリングや領収書の整理、コンピューターの入力、伝票の記入などといった仕事になります。
そして記帳代行は決算書や試算表など税務申告に必要な書類を作成するサービスのことです。

会社の経理担当者が経理のしごとをマスターすれば税理士に払う報酬も安く抑えることができます。
会計のしごとは記帳代行サービスをパソコンのソフトを使って行うものです。